丹後マップ  | 丹後へのアクセス  | 海水浴場  | 日本海Maps表示
久美浜/小天橋 夕日ヶ浦/浜詰 網野/八丁浜/琴引浜 間人/弥栄/丹後松島 天橋立/宮津
旨い魚介類の楽しめる豊かな海岸線の町・冬は松葉がに料理一色
子午線最北の町「網野町 あみのちょう」は、豊かな海岸線が延々と続く海の町です。西にカニ料理で有名な夕日ヶ浦温泉、木津温泉、浅茂川/八丁浜海水浴場、鳴き砂で有名な琴引浜、京都府下で最大の湖「離れ湖」、そして海岸線から見える眺望も最高です。浅茂川漁港の他にも3つの漁港を持ち、四季を通じて素晴らしい鮮度の魚介類が沢山水揚げされます。冬の網野町は、一般的にはズワイガニと呼ばれる「松葉がに(まつばがに)」が水揚げされ、京阪神から良質な松葉がにを求めるお客様で賑わいます。松葉がにと言えば、東隣町「丹後町」の間人蟹が有名ですが、漁場によっては網野町の浅茂川港が近くなることもあることはあまり知られていません。網野の宿では、網野町の中のお勧めの旅館、民宿、ログハウスなどの施設をご紹介させて頂きます。紹介させて頂いている施設は、全てインターネットから宿泊予約等が可能ですので、ゆとりをもって丹後半島/網野町への旅行立案にお役立て下さい。尚、網野町内の夕日ヶ浦温泉と木津温泉は別サイトにて紹介しております。

網野/琴引浜/掛津/三津での宿泊予約、日帰り旅行(昼食)、宴会予約なら日本海トラベル


日本海Mapsにて網野の位置を確認する

八丁浜海水浴場(浅茂川海水浴場) 琴引浜海水浴場

網野の宿 温泉旅館 民宿からの最新ニュース

11月18日(金) ほっこりと温まる【カニスキ】
レイクサイド琴引

網野は西部と中心部で風情も異なる地域です


網野の西部(夕日ヶ浦温泉/木津温泉/浜詰)は複数の宿が集う温泉地らしい地域ですが、このサイトで紹介している網野の中心部と東部(浅茂川/掛津/琴引浜/離れ湖)の宿は、どちらかというと個々の宿が点在しているのが特徴です。個性的な小さな宿や民宿が多く、網野の郷土に触れるならこういった網野の宿がお勧めです。創業20年以上の歴史のある宿も多く、浅茂川港や近郊の港でとれた魚や丹後のお米・野菜・水に至るまで、網野の郷土料理を楽しめるのが魅力的です。

網野の松葉ガニ漁はもちろん日帰り漁ならではの鮮度


網野町で一番大きな漁港「浅茂川港 あさもがわこう」では、11月6日の松葉かに解禁日から3月20日まで日帰り操業による松葉かに漁が行われます。隣町丹後町の「間人蟹」と同じく小型船による日帰り操業のみ行われ、間人蟹と全く同じ漁場で漁が行われます。松葉かにの鮮度は言うに及ばず、地元の宿でも少し予算を足せばこれら浅茂川港で水揚げされた松葉かにを食べることができます。水揚げ後の品質管理も良く、間人蟹の知名度によりメジャーではありませんが、通にはおなじみのが浅茂川港産の松葉かにです。

浅茂川港の松葉がに漁初セリの様子(2015年冬)

義経の側室「静御前」は網野で生まれと言われています



静御前生誕の地

網野町の磯(小さな海側の村)で禅師の娘として生を受けた静御前は、6歳で父を亡くしそのまま母とともに京都へ上京し、京の地で、巧みな舞と美しさで静は指折りの白拍子に成長する。源義経(幼名:牛若丸)に舞姿を見そめられ、側室となって男子を産む(静18歳、義経27歳の時)。源義経は、壇ノ浦の戦いで平家を滅ぼした後、兄「源頼朝」に吉野に追われ、義経と静御前の子供(男の子)は頼朝により生まれたその日に殺されてしまう(由比ヶ浜)。わが子を失った静御前は、禅尼となった母と共に、故郷の網野町・磯に戻り、生家跡に小さな庵を造り、この丹後の地から、義経の無事と愛児の冥福を生涯祈り続けたとされています。静御前は、二十余歳という若さでこの世を去りました。静神社には、静御前の木造が祀られています。

丹後の松葉がに/津居山がに/間人がに/せこがにの産地直送(冬季限定)


11月6日〜3月20日は、日本海の冬の風物詩「ずわいがに漁」が解禁となります。このカニ解禁日より、日本海ドットコムが自信をもってお勧めするのが丹後の各カニ産地直送店です。本年はより多くの掲載店や商品が充実し、様々なカニ商品からお選び頂けますので、3/20までのシーズン中に一度お試し頂けましたら幸いです。お陰様で日本海ドットコムの冬の松葉蟹産地直送も15年以上の実績となります。

松葉がに産地直送便 セコガニ産地直送便

網野のお勧め店舗


琴引浜まで車で5分、八丁浜まで車で5分弱、京都府下最大の湖「離湖」の辺にある冬の蟹料理で有名な旅館。女性には嬉しい色浴衣貸し出しなど魅力ある宿のひとつ。
レイクサイド琴引
琴引浜まで徒歩数十秒の絶好のロケーションの宿。冬の活松葉がに料理には定評あり。古くから山陰産の松葉がにのみ取り扱う拘りの強い希少な宿。 羽衣荘
八丁浜海水浴場から徒歩で町側に数分の場所にある網野らしい小宿。海側の宿は予算が高めになりがちですが、その点この民宿はリーズナブルです。
はなりょう
琴引浜まで徒歩で数分の掛津地区の真ん中にある民宿。よくある民宿であるが、琴引温泉の湯や地の食材を生かした料理などポイントは高い。
民宿 尾江
レイクサイド琴引の姉妹店である魚屋&蟹屋です。姉妹店の旅館などでお客様に提供する活蟹や魚介類を一括仕入れする為、見た目以上に規模も大きい。
丹後ひもの屋
網野の町中にあるお土産物屋。地元では仕出し料理などで有名。冬は松葉がにやセコガニなど、山陰産ズワイガニの産地直送を行っています。
千翔(せんしょう)
掲載されている全ての情報や特典等は、日本海トラベルからインターネット予約頂く方向けの限定情報となります。他社宿泊予約サービスを含め、弊社インターネット予約窓口を経由しない、掲載施設とのトラブル等につきましては、弊社では一切関与できませんので御注意下さい。
Copyright (C) 網野の宿 by 日本海トラベル. All Rights Reserved.
掲載画像・文章および全てのコンテンツの無断転載・加工・複製を固く禁じます